マイスペシャルドリンク

2022年11月29日

久しぶりの京都歩き~明治レトロ~

コロナのごたごたで、
すっかり出不精になっていましたが、
「全国旅行支援」でやっぱり旅心がウズウズ!

暫くぶりに秋の京都の街を歩きました。
今回の旅のマイテーマは
「ちょっと古いものを訪ねる」です。



明治レトロを訪ねる

1日目は、南禅寺へ。
山門や方丈(国宝)も素晴らしいのですが、
今回は、明治時代の建造物も観賞。
琵琶湖からの疎水事業の際に建造された、
古代ローマ風レンガ造りの水道閣です。

_20221114_002200 (2)

近くに、船越英一郎とこの水道閣のポスターが。
サスペンスものによく登場する場所みたい



      


歩いた後は、
京都国立近代美術館のカフェのテラスで
昼食も兼ねたお茶。
(食べそびれていたよ)

_20221114_002007 (2)

歩きすぎたせいか、
ちょっとおなかも疲れてて、食欲は少なし。




全国旅行支援で宿を楽しむ

歩いた後は、お宿へ。

今日の宿泊は、
「からすま京都ホテル」です。
もちろん「全国旅行支援」を利用して、
しっかり40%割引してもらいました。
その上…
「シングルでのご予約でしたが、
本日は当館の都合でツインのお部屋を
ご用意しております。」
とのこと。
「ありがとうございます。」
と述べてお部屋へ。

_20221114_001233 (2)

あれ?ベッドが3つもあるよ!
1人で3つ使うんかい
こんな時、ちょっと誰かに突っ込んでほしい
一人旅です…。

とりあえず、何となく広々してます

_20221114_001325 (2)

ペットボトルも3本…。
ソファもあってゆったりできます。
窓の外(東)は大通りとビルなのですが、
ビルの向こうに遠い山並みと青空も見えます。

どうやら今日は
修学旅行の中学生たちが宿泊するみたい。


ここのお宿は以前にも泊まりました。
地下鉄の出口からすぐで、バス停も
目の前にあって、交通の便が良い!
錦市場や大丸などにも近くて、
お買い物にも便利です。
内装も落ち着いた色合いで、家具も木目調で、
何となくくつろげるので気に入っています。


  ・HPはこちら↓
  からすま京都ホテル




夕飯は、
近くの「京都産業センター」に入っている
ごはんやさん「竈炊きたて御飯 どい」
でおばんざい定食です。
おかずはひじき煮やサラダなど素朴ですが、
おなかの弱い私にはありがたい。
天ぷらやさわらの西京漬けなども美味しそう
でした。
また、土井志ば漬け本舗さんのチェーンなので
しば漬けなどお漬物がおいしいです。
ご飯の炊き具合がこれまたジャスト!
でした。
ちょっと疲れ気味のおなかにやさしい~。


 ☆本日の歩数:13755歩




さて今回は、
ゆっくり朝寝坊するため
「朝食も無し」プランでした。
1階にスタバがあるので、
テイクアウトしてお部屋で食べました。
キッシュがうまい~。

_20221114_002451 (2)





小説の世界のレトロへ

では2日目の観光へ。

秋の「特別拝観」期間の
京都ハリストス正教会です。

_20221114_001658 (2)

晴れすぎでしょ!
と驚くぐらいの小春日和でした。
「日ごろの行いがいいからやな」
と一人で一応つぶやいとく。


_20221114_001810 (2)

先日読んだ

小説「白光」
 朝井まかて(文藝春秋)


によると、
主人公、山下りんは、明治時代のイコン画家でした。
 (※イコンは、キリスト教の宗教画。聖像。)
ロシアで苦学したり挫折を経験したりしながら
女性宗教画家としての道を貫いた人生でした。
彼女が描いたイコンや修復した古いイコンがあるとのことで、
今回拝観しました。
内部は撮影不可なので、入口にあった写真の写真だけ。

_20221114_001041

小説の世界を感じられました。
(※普段の拝観には予約が必要です。)
ちなみに彼女のイコンは、
愛知県豊橋市にあるハリストス正教会
にもあるそうです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白光 [ 朝井 まかて ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/11/29時点)








さて、三条通りにある京都文化博物館にもぶらり。

_20221114_001501 (2)

ここも明治時代の建物です。
赤レンガと白線がモダンな、東京駅と同じ
「辰野金吾」の設計なんだとか。

これは、

小説
「プリンセス・トヨトミ」
 万城目学
(文春文庫)


で読みました。
大阪城の地下に繋がる秘密の通路の入り口は、
大阪市内にあるレトロな赤レンガの
ビルにあった?!

…てことで、関西周辺にはいくつか
辰野金吾の建築物があるようです
(東京駅は遠いが…)。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プリンセス・トヨトミ (文春文庫) [ 万城目 学 ]
価格:869円(税込、送料無料) (2022/11/29時点)






         


今回、
いろいろ「明治レトロ」を堪能できました。


おしまいに、
古本屋さんもぶらつきました。
はまりそう~!

次は、レトロな純喫茶にも行きた~い!



 ☆本日の歩数:12296歩






お立ち寄りありがとうございます
よろしければポチッとしてください↓ね


人気ブログランキング






お土産はこれ ↑ 
切り絵パッケージがお気に入りです。



turiann at 17:00│Comments(0)旅行 | 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マイスペシャルドリンク